秋の里山  白山  大汝峰 観光新道    2011/10/09
 ホームページ 里山倶楽部四国編 

− 秋晴れの白山 御前峰からお池回り 眺望の大汝峰 −

その1

その2

大汝峰からの素晴らしいアルプスの眺望を楽しむ

観光新道の下りは厳しかった。




朝3時過ぎに目が覚めると同室の人達は御来光を見るために出発準備中。

中判カメラの青年は翠ヶ池の向こうに見える北アルプスから御来光を撮影すると言って随分と早く出かけた。

山ガール達や二組のご夫妻も次々と出発した。

私も行きたいと家内に言うと気が乗らない模様

外へ出て星空を眺める。

雲一つ無いこぼれる様な星空

コンデジなので星空を写す事が出来ないのが残念。

流れ星が次々と流れる。

ひときわ明るい物体が東から南へと横切った。

国際宇宙船ISSきぼうかもしれない。

今日の日の出は5時45分

5時前になると御前峰の登山道は光の帯が美しく続く



5時半頃になるとあたりが明るくなった。

センターの東の広場に移動する。

別山の頂上が赤く燃え始めた。



やがて乗鞍岳の右から朝日が昇り始めた。

歓声が上がる。



御前峰頂上から見れば、乗鞍岳の左、槍や穂高のあたりから朝日が昇るのが見えた事だろう。



別山のモルゲンロートが美しい

御前峰の頂上を見ると人が、こぼれ落ちそうにあふれている。



6時半から朝食

ソーセージと魚を選ぶ事が出来る。



別山を眺めながら美味しくいただく

白山室堂郵便局があり「白山の高山植物」シート ¥1000 が買えるのだが今はシーズンオフで閉まっている。



帰り支度をしていると家内が大汝峰へ行きたいと言い出した。

昨日は余程悔しかったらしい。

6時50分御前峰の登山道を少し上ったところから左へとお池トラバース道に入る。

クサモミジが美しい



整備された緩やかな道を行く

昨日のお池巡りコースよりずっと歩きやすい

稜線に近づくと大汝峰が呼んでいる。



御来光を見てからお池巡りをしている人達がドンドンやってくる。

朝食は8時までなので十分間に合う様だ。



ピークから千蛇ヶ池に向かって降りていく



霜が降りて綺麗だ



アオノツガザクラの実にも霜が降りている。

千蛇ヶ池まで降りてきた



なんと一日の間に千蛇ヶ池の万年雪が融けて口が開いている。

決して融けないと言われていたが地球温暖化の所為だろうか

万一雪が溶けたときには山頂の御宝庫が崩れ落ちて池をふさぐといわれていると言うが..

御宝庫はそのままだ。

1000匹の悪蛇が飛び出してしまう。



大汝峰の分岐に着く

7時35分



イワカガミの霜葉やアオノツガザクラが美しい



此処から釈迦新道経由 市ノ瀬 13.7q

楽々新道経由 新岩間温泉 13.6q

加賀禅定道経由 一里野温泉 17q

中宮道経由 中宮温泉 18.8q

いろいろな道の交差点らしい。



大汝峰まで500m意外と近い

振り返ると御前峰



大きな岩の間を登っていく

後ろには別山が霞んでいる



稜線に乗ると歩きやすくなる。

御前峰と剣が峰



肩に来ると東に北アルプスが目に飛び込んできた。

左端の剣岳から槍、穂高そして乗鞍岳が一望出来る。



槍や穂高がくっきりと見える。

右には御嶽山も



カシミールで確認



少し高度が上がると翠ヶ池が見える様になる



次から次へと登山者がやってくる。



8時丁度、大汝峰2684 m着

今日は私たちが一番乗りの様だ。



御前峰とは違い、山頂付近は広く平坦になっている。

剣が峰と御前峰をバックに記念撮影

北アルプスをバックにも記念撮影



左は乗鞍岳

右は槍ヶ岳から中岳そして南岳



左の写真は穂高連峰

左から北穂高、涸沢岳、真ん中の一番高い山が奥穂高岳その右は前穂高岳

真ん中に薄く見える少し低い山は西穂高

右の写真は剱岳

槍から剱岳までは随分と遠く見える。



御前峰の向こうに別山

素晴らしい景色を楽しみながらノンビリとした時間を過ごす。



北アルプスが目の前にクッキリと見えている。

目の前の山は三方崩山2059mかな

その向こうの薄く見える山脈は御前山1816mから連なる山並みだろう。



カシミールで同定してみる





山頂の社は大己貴命(おおなむなのみこと)をまつったものだ。

頑丈な石垣に囲まれている。

ベンチがあるので天候の悪い時などは此処で休憩出来るだろう。



見る見るうちに登山者が多くなってきた。



昨日大きな荷物を背負った老人が小屋から出てきた

ビパークしていたのかな?



立派な避難小屋だ

太平洋戦争時B29の見張り小屋として建てられたらしい。

その後白山も立山の様にロープウェイなどが予定されたが

自然環境を残すため尽力された白山会が管理していると書かれてある。



避難小屋から西に向かう

とても広い頂上だ。

高山植物がビッシリ生えているので踏まない様に歩くのに苦労する。

目の前に綺麗な七倉山2,557mと2562mのピークが見える。



ハイマツ帯の間にコケモモの実が美味しそう

二粒ほど自然の恵みを頂く

少し酸味があるが素晴らしく甘くて美味しい



霜が降りたコケモモの実はシャーベットの様でとても美味しそうだがもう十分に頂いた



昼間道 新岩間温泉 13.6q

白山は色々な温泉に通じているのだなあ



今度は北の端まで歩く



北の端からは剱岳から立山連峰が目の前に見える。



いつまでも眺めていたい360度の眺望



コーヒーを飲みながらノンビリと過ごす



名残惜しいが下山

山ガールの可愛い二人連れが山の写真を撮っている。

山の名前を聞いてくるので槍や剱岳を教える。

槍や剱が見える事に大感激している

一人は経験者でもう一人は初心者の様で、経験者の女の子が一生懸命槍や穂高のすばらしさを説明している。



来た道をひたすら帰る。

御前峰の登山道に交わるとものすごい数の登山者



室堂センターに10時14分に帰ってきた

お土産を購入して下山

10時28分



エコーライン分岐から木道を進む



クサモミジがだいぶ赤くなっている

阿弥陀が原の標柱



御前峰を振り返る。

次来られるのはいつの日か

花の時期に是非来たい

すぐに黒ボコ岩に着く



黒ボコ岩に登ってみる

上は平たくて見晴らしがよい



砂防新道へと下る道が見える



私たちは右へと観光新道を下る。



いきなり急坂を下ると馬のたて髪の標識

11時21分

更に急坂を下る



遙か下に山小屋が見える

まさか明日湖まで下るの?

室堂から2qの標識

別当出合まで後4q



小屋が見えてからも可成り下る。

殿ヶ池避難小屋に着く小さな池の周りで大勢が休んでいる。

11時41分着

可成り古い小屋で水場もない。

小屋の中にトイレがある。

砂防新道の避難小屋では水が豊富だったので室堂で水を補充してこなかった

大失敗



ガンガン下っていく

眼下にゴジラの背の尾根が見えるが?



嫌になるほど降りていく

ミヤマコゴメグサが咲いている



リンドウが沢山咲いている

なんと登りとなる



岩の細尾根を登ったり下ったり

少しのアップダウンだが足に応える



振り返ると白山

大岩に来る



別当出合まで丁度半分

12時33分

下山開始から2時間あまり掛かっている

岩の門をくぐる



リンドウが咲き乱れる道をひたすら下る

長い階段が続く



白山禅定道との分岐に着く

12時54分



リンドウの咲き乱れる花園の中で昼食

室堂センターで購入したお寿司は美味しい



昼食後、嫌になるほど急で荒れた道を下る



高度が下がると紅葉が進んでいる



一生懸命下ってもう着いたかと思ったらまだ後1q



綺麗に整備された道となる



紅葉を楽しみながら下るとやっと登山口に着く

14時7分

一生懸命降りて3時間40分掛かった

家内は痛い足で頑張った。



地図で今回の山歩きの道筋を確認



実は今回の白山への登山道は、いろいろある登山道のごく一部

非常に大きな範囲で登山道が広がっているのに驚く



丁度来たバスに飛び乗り、とりあえず白峰温泉に向かう

とても立派な温泉で体をほぐす。

二日間前後して歩いた人達が次々とお湯に入りに来る

気を引き締めて渋滞の高速を通り11時前に自宅着

疲れてすぐに熟睡

花は少なかったが素晴らしい眺望を楽しむ事が出来た。

次は是非花の季節に登りたい

別当出合から室堂センター

御前峰 お池巡り



ホームページ 里山倶楽部四国編

ブログ 里山の風に吹かれて


inserted by FC2 system