冬の里山  剣山     2011/12/25
ホームページ里山倶楽部四国編 

− またもや撤退 剣山の雪は厳しかった −

夕べからすごい寒気が下りて来ているらしい

市内では夜半から大雨だった

お山では雪だったかもしれない

朝起きると良い天気

剣山に登ることが出来るかも?



神山に入るとすでに積雪が多い

川井峠も凍っている

コリトリからは30センチ以上の積雪

幸い先行車が1台いる

先行車がいると安心だ

所が、しばらく走るとトラックが停車している

これから先は轍がない

新雪を撒き散らしながら進んでいく

底を擦っているが新雪なので問題は無い

積雪は30センチ以上のようだ

見ノ越の駐車場に来るとランクルが一台停車しているのみ



積雪は30センチくらい

先行者の足跡がかろうじて残っている



剣神社の階段は完全に雪に埋まっている

大きなカメラバックを抱えた男性が下りて来た

ランクルの人だろう

ずいぶんと早い下山だが頂上まで行ってきたのだろうか



剣神社の境内は除雪されている



気温はマイナス8度

登山口から積雪が多い



先行者のトレースがあるので歩きやすい



リフトのトンネルはまだ埋まっていない



リョウブが美しい



ナナカマドの赤い実がまだ残っている



新雪を踏みしめて歩くのは最高の気分



西島神社も静かに佇んでいる



西島駅に来ると踏み跡が引き返している

先行者はここから引き返したらしい



西島駅は吹きだまりとなっている

家内では進めないので先頭を変わる



西島駅からは今までと一変してすごい積雪となる

どうやって進もうかと一瞬悩むが、雪が軽いのでラッセルしていく



雪の深い所では太ももまで埋まる

雪庇が大きく育っている所は巻いて行く



雪庇は1メートル以上あるが不思議とその陰には雪が少ない

時折強風が吹き雪が吹き付ける





雪を割って進んでいく

腰までの雪なら家内でもラッセル可能



吹雪のようになってきた

カメラが凍って写せない

暖めると一枚だけ写せる

手袋を脱ぐとあっという間に手が凍えて感触がなくなる。

風がきつくとてつもなく寒い



ネックウォーマーを目の下まで上げても顔が凍てつく






腰までの雪をラッセルしていく

雪が軽いので難なく進める

家内もラッセルを楽しんでいる

そのうち雪の塊が胸までとなる

刀掛けの松の手前では、首まである雪の壁が立ちはだかる

倒れ込むように体で押さえ込むと進むことは出来る

しかし段々と雪が重くなりラッセルが困難になってきた

家内も遅れだした

カメラは完全に凍って写せない

残念だがここで撤退



雪が激しくなってきた

下りは快調

滑るように下る

カメラはポケットに入れておくとか数枚撮影できるが直ぐにバッテリー切れで電源が落ちてしまう



西島駅まで下りてくるとカメラも復活

駅の横で風を避けてコーヒーブレイク



今日は誰も登ってこなかった

誰か屈強の男性が先に歩いてくれれば私たちでも登ることが出来た?のに残念

こんな寒波の日に登る物好きはいないようだ



リフトのトンネルを過ぎると朝より積雪が多くなり私たちのトレースも完全に消えていた

気温は相変わらずマイナス8度



見ノ越は車の轍が増えている



駐車場で湧き水を沢山のペットボトルに汲んでいるご夫婦がいてお話をする

2台ほど車が来たが登山は諦めた帰って行ったそうだ

スキー場から歩いてきた人も数人いたそうだ

帰りは慎重に山を下り神山温泉で獅子ゆずの湯に入りほっこり

地元の食材を仕入れて帰宅

今日も頂上には立てなかったが、すごいボリュームの雪を楽しむことが出来て大満足

年末には大勢が歩いて快適な登山道となることだろう


12月27日の朝刊で、24日から剣山、次郎笈に登っていた男性が25日に下山できず、

26日には道を失ったという連絡がありへりや警察など20人が救出に向かったとの記事があった。

幸い無理をせずに頂上ヒュッテで待っていたので無事救出されたそうだ。

頂上ヒュッテの避難小屋も役に立ったことだろう。

24日に丸笹山に登ったレポートでは山頂では黒い地面が見えていた。

しかし25日には途中で撤退したとのレポートがあった。

24日の晩から25日の朝にかけて大雪が降ったようだ。


何時もはのどかな冬山の剣山だが、天候が悪化すると魔の山に変わってしまう。

今回登山途中で撤退したが、山頂まで登ってから天候が急変していたら大変なことになっただろう。

私たちにとって大切な経験となった。


里山倶楽部四国編

ホームページにも是非お立ち寄りください
inserted by FC2 system